《マインドセット》人の3倍速で結果を出す「デキル人」になる方法

LINEで送る
Pocket

 

lowsowです。

 

今日はこの世界にいる3種類の人間の話をします。

 

この世界には人間は3種類いると私は考えています。

 

「え…男性、女性、、あとは?」

「もしかしてlowsowさん、最近そっちの道に…?(ぞくぞく)」

 

なんか誤解をなさっているようですが
男性、女性の話ではありません。

 

3種類の人間がいる、

それは、、、、
男性、女性、そしてゲイだ!

 

などと言い出すこともないので安心してください。

 

あなたの周りは大丈夫?やらないタイプは、こう動かせ!

3種類の人間…

一人目は、「やらない人」です。

 

何か勉強や仕事、
やろう!と決めてもなかなか始めない人はいませんか?

 

そういった人は周りにいませんか?

 

彼は、「やらない人間」です。

 

『やらなくちゃな〜〜〜』
と思っていても
ついダラダラしてしまって取り掛かれないタイプです。

 

当然なかなか目標を達成することが難しいタイプです。

 

貴方は多分そんなことはないと思いますが、
このタイプの彼らはとりあえず

 

なんとかきっかけを与えて
「始めさせてあげる」ことが大事です。

 

ついダラダラしてしまうタイプなので
とりかく取り掛かるスピードを早くさせると
次の段階に進むことができます。

 

もし奥さんや旦那さん、お子さんなど
周りにいらっしゃいましたら
きっかけを与えて取り掛からせてあげて下さい。

 

一度スグに取りかかるクセをつけると
「やらない人間」は脱却できます。

 

目標達成率が高い「すぐやる」人間

二人目は、「やる人」です。

「やらない人」の逆になります。

 

スグなにか物事、
やらなきゃいけない仕事や作業や勉強に取り掛かり
はじめる人のことです。

 

先程の「やらない人」に比べて
目標を達成するのは格段に早いです。

 

決めた仕事なども上手くこなせる人で、
仕事もテキパキとこなせ、同僚からの評価も高い人でしょう。

 

【意外!】常人を超える世界で生きる「デキル人」に共通する唯一の思考

しかし、「やる人」ではまだ、足りません。

 

どこにでもいる仕事ができる、
勉強ができて、尊敬される人は
大抵「やる人」です。

 

しかしこの世界には「やる人」を
超える、3番目の人間が少数います。

 

彼らは「やる人」レベルを遥かに越えて
仕事を進めていくので、
常人には達成できない結果を挙げることが出来ます。

 

「やらない人」、「やる人」、
そして3番目の人とは?

 

大体想像ついたでしょうか?

 

それは、
「終わらせる人」です。

 

ハッとしたかもしれません。

 

私も初めてこの概念を先生から教わった時
驚愕して座っていた
椅子からずり落ちそうになりました。

 

何か達成したい目標、仕事があるとき、
「やる」「取り掛かる」
だけでは足りません。

 

その何かやる!と決めた作業、仕事を
「終わらせる」必要があります。

 

『そんな当たり前のこと、
言われなくてもわかってるよ!』

 

本当にそうでしょうか?

 

一度よく考えてみて下さい。

 

何かやりかけて途中でやめていることは
ありませんか?

 

例えば途中の仕事…
例えば読みかけの本…
例えば終わらせてない教材…

きっとあると思います。

 

私もそういえば先月買ってきて
ウキウキで作り始めていたジグソーパズルが
今パソコンの奥に見えてドキッとしています。

 

途中なのです。

何故か完成寸前でストップしています。

 

同じように途中のこと、
あると思います。

 

ジグソーパズルならかわいいものですが
仕事や作業で終わっていないもの、
たくさんあると思います。

 

終わらせて下さい。

 

やる、だけではダメなのです。
終わらせないと意味がありません。

 

すごいシンプルに思うと思います。

 

でも本当に超強力です。

 

やることを決めてやり、
ひとつ、ひとつ、確実に終わらせていく。

 

これを徹底するだけで他の人の3倍は
仕事のスピードがはやくなります。

 

本当なのです。

みんな全くこれが出来ていません。

 

取り掛かるのも遅いし、
1つの作業に集中しないで
まだ終わらせてないのに
他の仕事をやり始めたりしてしまいます。

 

私も本当にそういうタイプの人間でした。

 

なんとかモチベーションを湧かせて、
「やる人」になることはできたのですが、

 

1つ作業を初めても、集中が続かなくなると、
一回休んで、飽きたからまた別の仕事を、
そしてまた休憩、別の仕事…

 

そんな風にしてましたので
大体朝出勤してから、
『さあ、今日はなにをやろうか…』
と考えていました。

 

仕事の続きを思い出すのに
時間を費やしたりもしていました。

 

仕事を始める前の準備に大きな時間を使っていました。

 

これは、アカンのです。

 

集中的に一つづつ、
「終わらせていく」習慣をつけると
本当に驚くべきほど作業効率アップします。

 

これからは、「やる人」にとどまらず、
「終わらせる人」を目指して下さい。

 

私も飽き性なのでついつい
色々なプロジェクトを同時進行したりして
しまい、まだまだですが
毎日意識するようにしています。

 

是非、貴方も今回の
世界にいる3種類の人間、

「やらない人」
「やる人」
「終わらせる人」

 

の概念を意識してこれから
仕事してみてください。

 

きっと業績がグッとあがることに
びっくりするかと思います。

 

それでは今日も1日、
お仕事、学業、家事など
頑張っていきましょう!

 

lowsowでした。

 

追伸;

オナ禁を通じて
「やらない人間」から「やる人間」へ、
そして「終わらせる人間」へと変化した
奇妙な私の会員さんのお話をシェアします。

 

両親の離婚、ブラック職場、
初めての彼女の失踪など、
胸が痛くなるような経験を乗り越え
女性を魅了する男になった彼の話は

もし貴方が今女性関係でお悩みなら
なにか参考になるかもしれません。

 

秘密のオナ禁法をプレゼント;
http://dansha-juku.com/lp/onakinsiyouze/

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
lowsow

lowsow

20歳まで童貞・女性経験ゼロ。「オナ禁」に出会い人生が激変。過去1000人以上、日本中の草食男子を救う。現在、「真の男を増やしたい!」という想いから、日本初のオナ禁スクールを運営中。ホーム/新着記事/目次(全記事)/カテゴリー/詳細プロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA