◇◆Neo◆◇フェロモンライフスタイル~エロい自分を認めてあげること~

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Tad
オナ禁専属コーチ「Tad(タッド)」 断射プログラム、MajesticAcademyを通して、LowSow式オナ禁術、モテ術を体得。 現在は、LowSow公認で断射塾、MajesticAcademyをサポート。 オナ禁コミュニテイの運営、オナ禁の輪を広げるために、活動中。

Tadです、

先日のセミナーやらせていただいたセミナーで、
とても嬉しい感想いただきました!

★ココから→→→→
前はオナ禁をよくわからないで不安の中やっていました。
でも今は違います。教えていただいた知識があります。
ずっと悩んでいた自分がエロいことを相談させていただいたとき、
「別にエロいやつって思われてもいい。それが本当の自分なんだから」
と言っていただいたとき救われた気がしました。
←←←←ココまで★

こういった感想をいただける時が本当に嬉しい時であります。
やっぱり気づいたというか、
自分も昔そうだったことを再認識させられました。

そう、
自分の中にある、エロという要素。
エロというエレメント。
ここを否定的に思っていると、
オナ禁やってもどうも上手くいかないんですよね。

ましてや、
フェロモンを駆使してっていう場合だとなおさら。

自分がエロいってこと、
どこか隠してませんか??

それってなんで隠すんですか?
恥ずかしいからですか?

僕もずっと隠してきました。
エロいことなんて、
あんまり興味ないんだよね風で生きてきました。
(でもがっつりオナ猿だったから超自己欺瞞です)

オナ禁はじめても、聖人ぶって、自分の素直なエロスも認めませんでした。
(本当はエロいことしたいからオナ禁はじめたのに・・)

行き詰まって、八方塞がりになって、
ふと、
エロいのも含めて俺なんだな・・
そう思えた時があったんですよね。

それから、
何かに解放されたかのように女性関係もググッと上手くいきだした。

全てはマインドから。
本当にそう思える出来事でした。

ただ、
エロい自分を認めるからといって、
人前でやたらめったら下ネタいったり、
風俗遊びしまくったりとか、
そういうことではないので、あしからず。。

ウラもオモテも含めて素直に認めてあげること。
これだけでいいんです。

この記事を書いている人 - WRITER -
Tad
オナ禁専属コーチ「Tad(タッド)」 断射プログラム、MajesticAcademyを通して、LowSow式オナ禁術、モテ術を体得。 現在は、LowSow公認で断射塾、MajesticAcademyをサポート。 オナ禁コミュニテイの運営、オナ禁の輪を広げるために、活動中。
 

Copyright© 断射塾《OfficialBlog》 , 2019 All Rights Reserved.