女性からLINEを既読スルーされるのはなぜ?女性が返さない心理を暴露

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Tad
オナ禁専属コーチ「Tad(タッド)」 断射プログラム、MajesticAcademyを通して、LowSow式オナ禁術、モテ術を体得。 現在は、LowSow公認で断射塾、MajesticAcademyをサポート。 オナ禁コミュニテイの運営、オナ禁の輪を広げるために、活動中。

断射塾Tadです。

 

今回はタイトルから思い当たる方がいるかもしれません。

一度や二度こういう既読スルーされた経験があるのは男性は多いかもしれません。

 

もちろん、僕も過去には何度となく既読スルーされてきました。

 

『今忙しいのかな・・』

『もう仕事は終わっていてもいい時間なのに・・』

『気に触ること書いてはないはずだけど・・』

 

と疑心暗鬼に陥り、返信してくれない理由をついうっかり追撃してしまうとゲームオーバーです。

 

あっという間にブロックされて終わりです。

 

そうならないためにも、女性の心理を学び下手こかないようにしましょう。

 

女性からLINEを既読スルーされるのはなぜ?女性が返さない心理を暴露

LINE(ライン)は気軽に女性とコミュニケーションが出来て、日々、やりとりすることで信頼や高感度をあげていくにはもってこいのツールです。

しかし、使い方を間違えてしまうと女性から嫌われてしまうので注意が必要です。

 

仮に既読はついても返ってこないことがあったら、あなたの送ったラインの内容に問題があるからです。

 

女性がライン返信をしない心理

女性が返信しない理由をまとめると、以下のとおりになります。

 

・交換したくなかったのに交換してしまった

・あなたの優先順位が最下層

・返信に困るような内容

・そもそもラインをするのが苦手

 

一つずつ深掘りしていきましょう。

 

交換したくなかったのに交換してしまった

男性にとっては意外かもしれませんが、女性は交換したくなくても交換する生き物です。

 

男性からしたら、『交換したくないなら言えばいいのに・・・』と、思うかもしれませんが、女性は交換したくなくてもはっきりと断りません。

 

露骨に連絡先交換を断ったりはせずに、まずは交換して連絡しないというのが常套手段なのです。

 

特に合コンであったり、恋活系のパーティーにありがちなのですが、「うわ、この人とは無理だわ!」と内心思って、その場の空気を壊すようなことは女性はしません。

ごく稀に、アマゾネスのような女性が、「ラインやってないし」なんていって断ったりしますが、そんなのは稀です。

 

ラインは即ブロックできますので、自分の印象を悪くしてまで断るリスクを女性は犯さないのです。

 

まずは「うわ、この人とは無理だわ!」と思われないようにしましょう。

そのためには第一印象がとても重要になってきます。

 

特に意識すべきは「清潔感」です。

 

『清潔感のないオナ禁マンはことごとく撃沈する!』という記事でも書きましたが、清潔感が無い男性は一発レッドになります。

 

あとは、いきなりタメ口だったり、食べ方が汚ないと、即刻ブロックされてしまいます。

 

『ファーストコンタクトの重要性』について記事で詳しく書いていますが、最初がかなり肝心で、そこでコケてしまうと、逆転するのは至難の技です。

 

仮に気に入った女性であったとしても、そこから逆転を狙って頑張っている間に他の男性に横取りされてしまいます。

 

また、第一印象が最悪だったと、接触するたびに印象が悪化していく可能性があります。

気になるからといって、ラインすればするほど嫌われていきます。

 

なので、第一印象には気をつけて、しっかりと対策をした上で女性とラインを交換するようにしましょう。

 

あなたの優先順位が最下層

女性は恋愛においてはかなりシビアです。

男性とは全く違う感覚で動いているので注意が必要です。

 

特に、好きな男性や好印象の男性に即返信するうのに、どうでもいい男性には「また、後で・・」と後回しにされちゃいます。

 

既読はついてもなんの音沙汰がないのは、お相手の女性にとってあなたの優先順位が最下層の可能性が高いです。

 

当たり前の話になりますが、特に知り合ったばかりは、女性も仲良くないので、優先順位は一番下にもっていきます。

徐々に仲良くなって、友達レベルまでいくようになったらスムーズに返ってくるようになるのです。

 

まずはガツガツラインを送ったりすることはなく、自分のポジションを理解して、少ない回数でアプローチを続けることです。

 

基本的な情報交換をベースにした、メッセージのキャッチボールをしましょう。

一日一回でもまずはできることが親密度をあげていくのには大切になってきます。

 

返信にこまるような内容

女性慣れしていない男性に多くみられる特徴として、女性が返信に困るようなラインを送ってしまいます。

 

「今日は何する予定なの?」

「今日は暇なの?」

「今日、XXに行って、○○見てきたんだよ」

 

など、今何している系のラインや、自分の今日の出来事をぶん投げるラインなどは、女性からすれば「・・・え?で、何?」と言いたくなってしまいます。

そもそも、ラインの流れをぶった切って急に聞いてしまったりするので女性もほとほと困ってしまうんです。

 

特に危険なのが、「今何してるの?」的な内容のラインです。

 

圧倒的に仲良くなっていたり、彼氏であれば、この内容で大丈夫です。しかし、そこまで親密度が高くないのに、この手の内容をラインするのは女性からしたらウザがられるます。

「なんで、お前にそんな事言わなきゃならないの?」と思われます。

 

さらに言えばプライベートなところにドカドカ踏み込んでくるデリカシーが無い人と思われてしまい、信用度・好感度共に下がっていってしまいます。

 

他にもありがちな失敗例としては、

 

・とにかく質問をぶん投げてくる

・住んでるところや職場の場所などプライベートな部分に切り込む

・やたら自慢してくる

 

とにかくラインでの会話は流れが大切ですし、一つの話題を深掘りしつつ、質問や共感を挟んでいくのが大切です。

 

ガツガツしてたら嫌われてしまいます。

 

女性に愛されるトーク術《会話で違いを作り出す》でわかりやすく説明していますので、参考にしてみてください。

 

そもそもラインをするのが苦手

ちゃんと女性との会話を意識してラインしているのに、返ってこない。

実は、そもそもラインしたりするのが苦手の女性もいるんです。

 

返そう返そうと思っていて忘れてしまうタイプです。

ちょっと意地悪な言い方をすればズボラといいますか。

 

女性でもいろんなタイプがいるので、こういうタイプにあたってしまったら、やきもきする前に確認した方がいいですね。

「ラインとかって、つい返信忘れちゃうよね〜」と探りを入れつつ、「Aちゃんも、既読したまま忘れちゃうことある?」と話を持って行ってみる。

 

男性だけではなく、女友達にも返信してなかったすれば、ラインが苦手なタイプだと言えるでしょう。

 

この手のタイプは、ラインで仲良くなっていくよりは、実際に会って距離を縮めていかなければなりません。

もしくは通話をするタイミングで、デートの約束まで合わせてしましょう。

ラインでデートの約束や予定決めはこの手のタイプでは不可能なので、必ず、通話で決める。

そう心得て、攻略していきましょう。

 

最後に・・女性からの返信が途絶えた時は

「あれ・・ラインが返ってこなくなった」

そんな時は不安になって、追撃したくなる気持ちもわかりますが、ぐっと堪えましょう。

 

冷静になって自分のラインの履歴を読み返してみてください。

必ず自分のやらかしポイントが見えてきます。

 

この一言かも・・

ここから反応が悪くなったしな・・

 

といった具合に自分の失敗を素直に認めるのも大事です。

 

女性からラインが来なくなる、既読されても無視される、既読すらつかないのは男性側に原因があります。

女性は恋愛に関しては男以上にシビアに考えていて、情で動くなんてことはなく、好き嫌いをはっきりと線引きしてきます。

あなたのことを評価しているなら返信がなくなるなんてことは無いのです。

 

そう考えると、あなた自身がまだまだ女性に魅力を感じてもらえていない、信頼も得られていない・・・という結論になります。

 

僕もなんどもラインでは失敗してきました。

 

しかし、その度に振り返り、改善点を見つけて修正するようにしてきたからこそ、今はラインで失敗することもなくなりました。

 

実践に勝る修行はないといいますが、失敗から学べることは大きな糧になります。

 

失敗を認めず。「なんでライン返してくれないの?」や「最近、めっちゃ忙しいんだね・・」と女性を責める無様なラインをしてたらいつまで経っても女性と仲良くはなれません。

 

自分では出来ているつもりが、実は、とんでもないことをやっていることもあります。

 

その都度、女性が指摘してくれるならいいですが、絶対にそんなことはありません。

ただ、ラインを開いてブロックするだけです。

 

女性と出会うたびにブロックされ続けていたら一生非モテのままです。

そうならないためにも、ぜひ、当ブログで女心を勉強して、ラインで女性を振り回せるほどのモテ男になっていきましょう!

 

【必見】効率的にオナ禁効果を試したいならマッチングサイトで出会いを増やせ!

今回の記事はいかがでしたか?

女性攻略法を学ぶことも大事ですが、実践に勝る修行はありません。

あなたのためたオナ禁パワーを使って生身の女性を口説いたり、アプローチしていきましょう。

 

「そもそも出会いがない( ´Д`)y━・~~」

という人はネットで女性と気軽に出会えるマッチングサイトで出会いを量産しましょう。

 

僕がこっそりおすすめさせていただいているのが、メルパラです。

・メルパラ公式サイトを見てみる(R18)

 

知名度自体はそこまで高くありませんが、性に対してアグレッシブな女性が多いです。

 

「マイナーのサイトで出会えるんですか?」

と、思われるかもしれませんが、マイナーでなくてはダメなんです。

 

というのも、女性は自分の性欲をオープンにはしたがらないです。

綺麗な女性であればあるほど、その傾向は強いです。

大手のサイトは登録者数が多い分、身バレする危険性も高まります。

 

だからこそ、こっそり利用できて安心なマイナーサイトが狙い目なのです。

 

こっそり、自分にあった男性を物色する。

その目的のためにはどうしても中級サイトじゃなきゃダメなんです。

以下、僕が出会った女性に聞いたリアルな声

 

逆に大手サイトは登録者数は多いです。

その反面、見た目レベルが残念な女性が多いのも確かです。

モテない女性でも多くの男性が登録している大手サイトであれば、なんとかチャンスをものにできるかも・・と期待し登録しているのが実情です。

 

言い方は悪いかもしれませんが・・

頑張ってオナ禁してるのに、ブスを相手にするのはナンセンスだと思いませんか?

 

どうせ実践経験積むなら、黒髪の大人しめの女の子や、オープンで明るいギャルなど見た目もキャラも普通以上がいいですよね。

正直一人でも関係を持ってセクリセできれば、はぐメタ狩ったようなもんです。

 

メルパラの使い方は簡単で、無料会員登録をしたら、プロフィールを作ってあとは掲示板に投稿して待つか、女性の書き込みをみてこちらからアプローチする。

これだけです。

あとは、女性から来た返信に応じてメールして、デートの約束ができたら、ラインを交換するだけのシンプルな仕事です。

 

コミュニケーションがどうしても苦手!って人もメールでのコミュニケーションなら気軽にスタートできる強みもあります。

僕自身もいままで女性経験は片手で収まる程度でしたが、メルパラでの実践経験および、体を使ったコミュニケーションで女心を掌握することができました。

それが非モテ脱却の第一歩でした。

ちなみに30代半ばの遅咲きでしたが、全然モテるようになりました。

 

コツさえ掴んでしまえば、僕のような30代のおっさん予備軍でも可愛い女性を月に3人ペースで口説いて即ゲットすることも余裕になります。

 

ぶっちゃけ、ストリートナンパのようなハードルも高くないし、合コンのような人脈も必要もありません。

重要なのは、女性が自分から男性を求めて登録しているということです。

 

つまりはハードルが低く、初心者でも十分チャンスがあるということなんですよね。

 

ぶっちゃけ、やらない人の気が知れないです。

試しに一度やってみたら、トントン拍子で女の子とイチャイチャできちゃうかもしれません。

やらないで、一生モテないままでいるよりは全然いいかと思います。

 

失敗しても何も失うものもありません。

逆に成功すれば、可愛い子とラブラブになれるのです。

やらない後悔よりは挑戦してみて、セクリセありきのオナ禁ライフをゲットしてください。

 

美女がこっそり性欲解消中:メルパラ


まずは実際に利用してみて、場の雰囲気を感じ取ってみましょう。

今なら無料会員登録でお試しポイントがもらえますから、会員登録後、すぐに女の子にアプローチすることができます!

 

「でも、マッチングサイトなんて使ったことないし」

「出会いたいけどなんか面倒そう」

という方に向けて、僕自身が実践で学んだコツや裏技を下記の記事でまとめてます。

ぜひ参考にしてください。

・マッチングサイトを使ってオナ禁効果を試す方法を伝授《出会いがない人はネットへ》

 

>> セクリセ専用ロードマップ(おすすめ記事一覧)に戻る

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Tad
オナ禁専属コーチ「Tad(タッド)」 断射プログラム、MajesticAcademyを通して、LowSow式オナ禁術、モテ術を体得。 現在は、LowSow公認で断射塾、MajesticAcademyをサポート。 オナ禁コミュニテイの運営、オナ禁の輪を広げるために、活動中。
 

Copyright© 断射塾《OfficialBlog》 , 2020 All Rights Reserved.