《断射日報2021.01.10》よくぞ耐えた!土俵際の勇者どの

 

この記事を書いている人 - WRITER -
オナ禁専属コーチ「Tad(タッド)」 断射プログラム、MajesticAcademyを通して、LowSow式オナ禁術、モテ術を体得。 現在は、LowSow公認で断射塾、MajesticAcademyをサポート。 オナ禁コミュニテイの運営、オナ禁の輪を広げるために、活動中。

断射塾Tadです、

断射塾に携わっている以上、いろんな体験談を聞きます。
また、僕自身も、自分のオナ禁グループを持っているので、いろんな話を聞けます。

 

おそらく、僕がLowSow先生に次いで、いろんな人のオナ禁話を聞いた男ではないかと思うほどです。

 

いろんな人の体験談を聞く中で一番いいなと思うのが、耐え切った時です。
100日、200日と達成することも素晴らしいことだとは思いますが、それよりも、土俵際で踏ん張れたことが何よりもすごいことだと思います。

 

上手くいった時よりも、失敗した時にオナ禁実践者は試されます。

会うまではすごい良い感じだったのに、デートしたら散々で、その日のうちにLINEでフラれた。
そんな、天国から地獄へ突き落とされるようなことがあっても、リセットせずに踏ん張れたら、ものすごい力となっていきます。

土俵際の1勝が、のちの100勝に繋がっていくと思います。

辛い時、悲しい時は、リセットして忘れたくなるものです。
それが普通です。

ただ、そこを超えたところに本当のオナ禁マンとしての価値があると思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
オナ禁専属コーチ「Tad(タッド)」 断射プログラム、MajesticAcademyを通して、LowSow式オナ禁術、モテ術を体得。 現在は、LowSow公認で断射塾、MajesticAcademyをサポート。 オナ禁コミュニテイの運営、オナ禁の輪を広げるために、活動中。