断射式100日オナ禁~48日目から49日目~

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Tad
オナ禁専属コーチ「Tad(タッド)」 断射プログラム、MajesticAcademyを通して、LowSow式オナ禁術、モテ術を体得。 現在は、LowSow公認で断射塾、MajesticAcademyをサポート。 オナ禁コミュニテイの運営、オナ禁の輪を広げるために、活動中。

オナ禁50日直前スペシャル

 

こんにちは、Tadです。

オナ禁チャレンジ49日目通過中です。

明日で50日残り半分です。

これが「あっという間」だと言う人もいれば、「結構きつかった!」と言う人もいるでしょう。

僕はといえばあっという間でした。

 

『コツってありますか?』

と、聞かれますかが、僕は楽しみながらやっています。

いかに楽しくやるかが僕にとっては重要な部分なので、常にそこを思考してます。

 

なので、自分の過去を振り返ってみて、長続きしたもの、なぜ長続きしたのかを分析してみるとオリジナルなオナ禁が見つかるかもしれません。

また『リセットするならセクリセで!』と決めてしまうのもいいですね。

僕は決めてしまうと割と従うタイプなので、ルールは絶対大事だと思ってます。

 

オナ禁50日直前で怒った良い事って?

ずばり、良い事だらけだったりします。

学ばせてもらえることが非常に多いなってところが特に。

最近、みなさん親切なんですよね。

殺伐とした人だったり、ムカってする人に会わなくなってきました。

それだけで、快適な一日が続きますし、物事に素直に集中できます。

 

みなさんも良いことばっかりでしょ?

「いや、そんなことないよ・」

そんな方にオススメなのは、一日の終わりに振り返ってみること。

振り返る時のポイントとして、「どんな良いことがあったかな?」と、自分に問いかけて振り返ってみるんです。

どんな小さな事でも一つでも見つけられたら価値ありです。

これ、毎日続けていくと、良いことばっかりに目がいくようになります。

フォーカスが変わります。

結果、嫌なことを勝手にスルーできちゃいます。

「ほんとかよ?」

そう思われるかもしれませんが、本当です。

小さなハッピーが見つけられないと苦しい

僕は昔は女性から話かけられたりしないと、オナ禁的にはダメな一日なんて思ってました。

その日にラッキーなハプニングがないとパッとしないと感じてました。

でも実際は、小さなご縁があったり、未来につながる出来事があったりもしてるのです。

起きてるけど、見えていないと罪です。

せっかく未来が変わるイベントが起きてるのに悲観するなんてもったいない。

ちょっとでも良いので幸せだなって感じられることを見つけてみる。

これもオナ禁を続けていく上で大事なステップになってきます。

 

塵も積もれば山となる。

小さなハッピー積み重ねて、ぱるぷんて。

空から幸運の女神を降臨させましょう。

 

オナ禁50日目直前に違うと感じるところって?

新たな発見ばっかりだ!

「これだからオナ禁はやめられねぇぜ!」

そんな気にさせるくらい、新たな発見喜びがあります。

もちろん浮き沈みもありますが。

きついと思うところでドンだけ踏ん張れるか。

これができれば万事OKなんです。

例えば、スポーツでも辛い時間帯ってありますよね。

防戦一方の時。

四面楚歌で八方塞がり。

「もうダメかもしれん。」

と、思ったらダメになります。

だからこそ

「絶対死守!」「絶対死守!」

です。

その気持ちだけで無失点で流れを変えることもできます。

辛い時間帯があるからこそ、流れが変わった瞬間に一点攻勢に転じられるのです。

 

説教くさくてすいません。

以前と違って、よりメンタル面の変化に重きを置くようになりました。

その方がみなさんにも伝えることが多いと感じてます。

 

オナ禁マスターと呼ばれる人たちも、苦しい時間帯というのはあります。

アナタだけ苦しい時間帯があるわけではないです。

「絶対死守!」

歯を食いしばって耐えてたりもします。

アナタだけじゃないので諦めちゃもったいないです。

オナ禁50日直前、日々のルーティンについて

マインド・メンタルを重視でルーティン組む

原始的ですが、ノートにペンで書く時間が非常に有意義です。

名言であったり、好きな言葉であったり。

もちろん、このオナ禁のゴールについても書いてます。

紙に書くとブレないんですよね。

 

だから、僕は朝起きて、一時間は紙に書くことを習慣にしようと思って取り組んでます。

同じワードばかりだと飽きちゃうので、違う言葉も織り交ぜつつ。

成功者の名言はオススメですね。

書いてるうちに

その人になった気分になれるとすごく質の高い一日が送れる気がします。

 

特に、今はスマホ・PCメインの時代ですから、紙に書くとい行為自体やらなくなってしまってます。

「わざわざ無駄なことを・・・」

そう思われるかもしれませんが、一度ペンと紙を持って書いてみると案外イイものですよ。

朝の一時間だけでも、成功者の言葉に触れて自分にもちょっとずつインストールするわけです。

1週間で7時間。

1ヶ月で30時間は成功者になりきってみるわけです。

そしたら未来が変わりそうな気がしませんか?

 

この価値がなんとなくわかった人はやって見た方がいいです。

今年の終わりにはとんでもないことになってるかもしれません。

オナ禁50日直前で教えられた貴重な体験

自分にとって合わない人というのがわかりました。

俗に言うヤナやつです。

なんで、この人とは合わないのだろうか?

普段はそんなこと別に考えもせずに、そっと、フェードアウトするのですが、見事に教えられました。

ヤナやつ=タイミングが悪いやつです。

本当に居心地が悪いです。

これがわかりました。

例えば、

ちょうど気が抜けた瞬間だけ見てて、こっちが頑張ってる瞬間を見てなかったり。

「なんでこっちが失敗した時だけみてるんだ?」

「そのタイミングはなんなんだ?」

と、とにかく間が悪い。

この一言につきます。

 

そんな人とは関わらない以外方法はないんですよね。

なので、あらゆる手をつくして、タイミングが合わない人とは一緒にならないようにすることに決めました。

おそらく僕以外の人とはタイミングが合ったりするでしょうし。

僕は無理。

それがわかってすっきりとしました。

なんとなく遠ざけるとちょっと罪悪感を感じるけど、明確にわかるとスパッと離れられますね。

 

ってことで、また一つ不快なことがアディオスです。

誰も彼とも仲良くするのは僕のポリシーじゃないですし。

みなさんもタイミングが合わない人は気をつけた方がいいですよね。

 

間が悪いな!タイミング合わないなこの人。

そんな人は即座に離れましょう。

固執せずに、世界中にタイミングが合う人が5億人はいると思いますので、さっさと離れましょう。

タイミングが合う5億人とのチャンスを台無しにしちゃいます。

命の時間は限られてます。

人生は思った以上に儚かったりします。

 

ダイナミックに人生快適にしてきましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Tad
オナ禁専属コーチ「Tad(タッド)」 断射プログラム、MajesticAcademyを通して、LowSow式オナ禁術、モテ術を体得。 現在は、LowSow公認で断射塾、MajesticAcademyをサポート。 オナ禁コミュニテイの運営、オナ禁の輪を広げるために、活動中。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 断射塾《OfficialBlog》 , 2019 All Rights Reserved.