2017/12/16

<警笛>1人本当の理解者がいれば、モテモテでなくても良い??

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Low Sow
20歳まで童貞・女性経験ゼロ。「オナ禁」に出会い人生が激変。過去1000人以上、日本中の草食男子を救う。現在、「真の男を増やしたい!」という想いから、日本初のオナ禁スクールを運営中。ホーム/新着記事/目次(全記事)/カテゴリー/詳細プロフィール

これから日本は2極化に突入します。

 

一族総中流の時代は終了。

赤信号皆で渡れば怖くないの時代も終了。

 

持つもの:持たざるモノ、

の2パターンに残酷に分断される時代に入ってきます。

 

ノホホンとロウソウBlogを読んでいる場合ではないかもです。

 

つまり、

モテる男とモテない男の差がくっきりハッキリ

出てくる時代になってきているのです。

 

今、現在進行系で。

 

これがどれだけ恐ろしいことか分かるでしょうか?

 

つまり、モテる男は10代前半くらいからもう

クラスの子にも大学出たての先生にも

学校の外では友達のお母さんにもモテモテで、

40、50になっても信者みたいな女性ファンが多数存在し、

奥さんや娘さんにも常に尊敬されて信頼される人生を歩む…

 

その一方で、

モテナイ男はいくつになっても

女性から相手にされずひとりぼっちで寂しい時を過ごし、

周りの友人が次々と結婚して家族を得ていくのを横目で

ひとり部屋の隅でTVを見ながらオナニーをしている人生を歩む…

 

男が歩むのはどちらかの人生。

 

そんな時代がもう始まっているのです。

 

2017年現在、今はまだ若干猶予があります。

 

そう、まさに今がラストチャンス。

モテる側に入るラストチャンスなのです。

 

多くの人は誤解をしています。

 

「別にモテモテにはなりたくないです…

運命の恋人、本当に理解し合えるソウルメイトが入ればそれでOK」

 

そういう風に誤解をしています。

 

が、間違いなのです。

 

そう都合よくはいかないのです。

 

考えてみて下さい。

 

あなたが本当に、この人はスゴイな、とか、

本当にこの人はカワイイな、魅力的だな、と思う人が、

 

1人にだけ好かれている人か、どうかを。

 

有り得ない、ですよね?

 

そこで分かるはずです。

 

モテる側に入るしか、ないことを。

 

現代は選択肢が溢れています。

恋人候補が飽和しています。

ニセモノは見破られるのです。

 

本物になるしかないのです。

 

多くの人に言い寄られる男になってはじめて、

本当のソウルメイトを引き寄せることができるのです。

 

そう、まずはモテモテになる必要があるのです。

 

そのための手段?

それは簡単です。このBlogに全て書いてあります。

 

そう、オナ禁です。

 

そして、テストステロンです。

 

テストステロンが次代のキーワードになる、

と私の予感は告げています。

 

テストステロンというホルモンを

ドクドクだすことが、唯一、私達が即座に

モテる側に入る手段なのです。

 

『は?いきなり何を言ってるんですか?』

 

驚かれたかもしれませんね。

テストステロンとか、男性ホルモンとか、
そもそもホルモンとか、
そういう世界に今まで馴染みのなかった、

あまり考えたことがなかったかもしれません。

だからいきなり、
「テストステロンの時代だ」
とか言われて混乱してしまったかもしれません。

が、大丈夫です。

順番に丁寧に一つずつ説明していきます。

 

さて、まずはホルモンとは何か。

 

焼肉の内蔵の事ではありません。

専門的な話をすると超長くなってしまうのでが
短く簡単にわかりやすく説明しますね。

ホルモンとは神経伝達物質。

体の特定の器官から微量に分泌され、
それが体液や血液を通ってまた何処か別の
体の器官に入って何らかの調節をしたり
作用をもたらしたりするモノです。

簡単に言うと、私たちの体や精神や感情のバランスを整えてくれるものです。

もう夜だから寝ましょうね、とか。
危険だから集中しましょうね、とか。
思春期になったから第二次性徴しましょうね、とか。
大切な人と一緒にいるから安心しましょうね、とか。

そういう信号を出してくれているものなのです。

 

ホルモンには数え切れないほどの種類があります。

 

よく知られているものでも、
成長ホルモン、男性ホルモン、女性ホルモン、黄体ホルモン、甲状腺ホルモン
ドーパミン、アドレナリン、セロトニン、インスリン、コルチゾール、メラトニン…

とまあ、色々な種類があります。

あなたもいくつか聞いたことがあるのではないでしょうか。

で、いま大事なのは、前述した通りに男性ホルモン。
テストステロンと呼ばれるその男性ホルモンを高めることによって、

”男性らしさ”をメガMAX120%まで高めましょう、
という話しをしていきます。

『LowSowさん、男性ホルモンが高まるのは嬉しいですけど、
なんかそれでハゲになったり、毛深くなったらイヤです…』

と不安に感じてしまったかもしれません。

が、実は男性ホルモンには2種類いまして、
テストステロンと呼ばれる”良いやつ”ともう一人、

ジヒドロテストステロン、と呼ばれる謎の物体がいるのです。

よく男らしさ、と聞くとネガティブなイメージとして、

・髪の毛が薄くなり、ハゲる
・ヒゲが濃くなる
・体臭が臭くなる
・口臭が臭くなる
・胸や尻やヘンな箇所に毛が汚らしく生える
・ニキビが出き、肌が汚くなる

などがありますが、これらは全てこの
ジヒドロテストステロンと呼ばれるヤツが引き起こしている現象なのです。

 

実はテストステロンさんには罪はないのです。

 

テストステロンさんはかなり良い奴で、
ポジティブな作用のみを私たち男性にもたらしてくれます。

具体的に言うと、

・やる気の増加
・自己肯定感を増す
・力強さ、責任感を与える
・体毛を薄くし、髪の毛を濃くする
・キリッとした精悍な顔つき
・積極性を高める
・失敗を恐れない情熱
・筋肉を蓄え、脂肪を減らす

など、

男性である、私やあなたが次々と自分の夢や目標を達成し、
自由で独創的で自立し、自己実現を果たし、
愛する妻や子どもたちを不自由にさせないだけの資産を築き、
そして多くの信頼できる仲間や先生やチームメイトと
ともに素晴らしい人生を暮らす…。

そんな私たちの求める理想的な未来に向かって
全力で私たちの才能を発揮し、社会に貢献していくための
原動力をテストステロンさんは与えてくれるのです。

だから、

「男性ホルモンを高めたら、ハゲるかも…」
「ヒゲが濃くなって、彼女からキスを拒まれるかも…」

のような心配は一切ご無用です。

それらはジヒドロテストステロンと呼ばれる、
もう最低最悪の悪いヤローの仕業です。

テストステロンさんは無実で可愛いヤツなのです。

逆に、ジヒドロテストステロン。

ヤツが私たちの体の中で好き勝手するのを黙って見ていると、
私たちの男性力はかなり下がってしまいます。

要するに、一般的にイメージされる、
”ダサいモテナイおっさん”になってしまうのです。

ジヒドロテストステロンは私たちの敵です。

実はそのジヒドロテストステロン(DHT)は
テストステロンさんが変化したものなのですが、
ややこしくなってしまうのでココでは説明は割愛します。

とにかく、DHTは減少させ、
テストステロンさんのみを増やせばOKなのです。

で、その方法ですが、、、

 

かなり長くなってしまったので今回はこのヘンで終了します。

更にホルモンについて詳しく知りたい人がいたら

下のコメント欄より、

 

「もっと詳しく!ロウソウ!この野郎!」

 

とコメントを下さい。(どれだけホルモンに興味があるかわからんのです。。笑)

 

ではでは、ちゃお!!!!!

 

 

PS;

私が長い研究と実践の末に考えに考えた次世代の
実践的なジヒドロテストステロンを減らし、

テストステロンを増やす方法を詳しく知りたい方は

以下の私のプログラムを参考にしてください。

私が日々テストステロンを高めるために行っている習慣。
その具体的なルーティンを細かくお話していきます。

あなたの中でDHTが大暴れするのを防ぎ、
テストステロンさんが120%のパワーを発揮できる、

そんな最強メソッドを実践し、モテる側に爆速で入る具体的な手段です…

 

ロウソウの集大成フェロモン男構築プログラム…

http://ha0907sya.xsrv.jp/20160922131521

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Low Sow
20歳まで童貞・女性経験ゼロ。「オナ禁」に出会い人生が激変。過去1000人以上、日本中の草食男子を救う。現在、「真の男を増やしたい!」という想いから、日本初のオナ禁スクールを運営中。ホーム/新着記事/目次(全記事)/カテゴリー/詳細プロフィール
 

Copyright© 断射塾《OfficialBlog》 , 2017 All Rights Reserved.