2019/08/15

「女性の取扱説明書(トリセツ)」

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Dr.Chin
某理系大学(応用生物学部)で遺伝子学を学んだ後、世界中の性典を読み漁り、 自らの経験と重ね合わせ、実験に実験を重ね23歳のときフェロモン研究所を創設。 最古と最新を融合させる、究めて新しい形のフェロモンアプローチ一瞬だけモテる男ではなく永久に惚れられ続けるオトコへの進化を提供。

Dr.Chinです、

人間という生物のジャンルでは
一緒ですが、男性と女性は
違う生き物です。

今回はそんなお話をして
いこうと思います。

巷では、
「男性心理と女性心理の違い」

というような本を書店やコンビニ
でよく見かけますが、実際に
性に関する深い男女の心理
についてはあまり書いてある
ことがありません。

「女性は話を聞いてほしい」

「女性は地位や権力でなく気持ち」

というようなまだまだ上っ面でしか
ないテンプレート心理学ぐらいしか
書いていないのです。

基本的に、心理学の本は
女性が手に取りますから
なかなか性に関する事は書けないのが
出版会社の本音だと思いますが、
でも、実はそこが本質なのです。

そう、正しい女性の取扱説明書が
世に出回っていないからこそ
頭に入れるようにしておくのです。

ちなみに、女性の操作法を間違えると、

– 恐妻家に変貌してしまう

– サゲマンに変わる

– 人生を台無しにしてしまう

などなど、
恐ろしい現実に出会ってしまう
ことになるのです。

なので、敢えてこれを最初に
伝えようと思います。

絶対に覚えてほしい”性の心理学”です。

そう、これです。

『一度でも男から十二分に髪の毛まで
痺れさせる思いをさせられた女は
その男の奴隷になってしまう』

この女性の取り扱い方
を必ず覚えてください。

女性は25~34歳辺りがベストコンディション
と言われていますが、この時期を過ぎると
女を正しく扱わなければ壊れていって
制御不可になってしまうからです。

でも、一度でも痺れさせた男に対しては
「尊敬」をするようになり、自然に付いて
いってしまうようになります。

ですので、房中術がこの世に存在する
ということでもあり、SEXの相性や
男の愛を超えたテクニック、
フェロモンを感じさせる行為は
非常に重要になってくるのです。

女性は全身が性感帯であり、言葉では
恥ずかしくて言わないのですが、
とにかく、

「感じたい生き物」

なのです。

「匂い」「刺激」「愛」などなど
とにかく常に見えないものを感じて
いたい生き物。

それが女性なのです。

どれだけ房中術が大事か?よく理解
いただけたでしょうか?

一点物につき、返品は出来ません。

大切に女性を扱いましょう。

Dr.Chin

追伸;

女性は忍耐強いです。少しぐらいの貧乏や苦労
で泣き言を言わないように生まれています。

大事なのは、あなたの地位や権力
ではなく、「成長する姿」です。

あなただけの成長フェロモンも
一生出し続けてあげてください。

——————————————————————-
【無料メルマガ】一瞬だけモテる男から、一瞬嗅いでしまうと永久に
欲しがられる漢へ”奇跡の物質”「フェロモン」に隠された秘密…
——————————————————————-

●女性が一瞬嗅いでしまっただけで、喉から手が出るほど
欲しい漢になる「奇跡のニオイ物質」の出し方…
-巷では、
フェロモン香水なるものが存在しますが、ハッキリ言って
効果はゼロです。全身から自然に染み出てくる奇跡の肉体
構築法を公開!

●フェロモンが正しく出ているかどうかを確実に確認し、
異性からの惚れられ度を見抜く秘密の方法
– 目に見えない物質だからこそ確認するのは
難ですが、ただしこのフェロモンをリトマス試験紙のように
毎日可視化させ、チェックする方法があるのですが…

●オナ禁とフェロモンの奇妙な関係…実は、オナ禁をするだけでは
女性はフェロモンに反応しないという事実は既にご存知ですか?
電車の中で可愛い女性が肌をスリスリと密着させてくる現実を
実際に引き寄せる現実をあなたは体感したいですか?

●数ある女性の中からアゲマンだけを引き寄せる都合の良すぎるフェロモンの出し方
-確かに、フェロモンを出すだけで女性は寄って来るのですが
実際にその女性の選別法を間違ってしまうと、逆にフェロモン
が枯渇してしまう危険があります。

などなど…
その他、ここでは公開しきれない数々の
秘密も報告しています。

フェロモン研究所公式メルマガ「今なら、特別音声(一瞬で
女性が嗅ぎたくなるフェロモンを出す秘密の睾丸エクササイズ
12min)をプレゼント中…」

この記事を書いている人 - WRITER -
Dr.Chin
某理系大学(応用生物学部)で遺伝子学を学んだ後、世界中の性典を読み漁り、 自らの経験と重ね合わせ、実験に実験を重ね23歳のときフェロモン研究所を創設。 最古と最新を融合させる、究めて新しい形のフェロモンアプローチ一瞬だけモテる男ではなく永久に惚れられ続けるオトコへの進化を提供。
 

Copyright© 断射塾《OfficialBlog》 , 2019 All Rights Reserved.