2019/08/13

Dr.Chinの正体暴露…

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Dr.Chin
某理系大学(応用生物学部)で遺伝子学を学んだ後、世界中の性典を読み漁り、 自らの経験と重ね合わせ、実験に実験を重ね23歳のときフェロモン研究所を創設。 最古と最新を融合させる、究めて新しい形のフェロモンアプローチ一瞬だけモテる男ではなく永久に惚れられ続けるオトコへの進化を提供。

================
Dr.Chinの経歴…
================

1992年生まれ、申年。

小学校4年生の時に親に隠されたPS2
を探していたら偶然、引き出しから
ゴムのような指サック?を発見する。

中学1年生のときそれが、
コンドームだとようやく理解。

中学2年生のとき、自分は
コウノトリから生まれたのではなく
親がS○Xしてこの世に生まれた
ことに驚愕する。

高校1年生のとき、片思いだった
部活の同級生に告白するも
相手に彼氏がいたことすら
気づかず、女の子にフラれる。

そして、夏休みに行ったオーストラリア
へのホームステイの帰りの飛行機で
夢精をかます。
(隣の席は同級生のJK)

大学1年生のとき、毎日部活(吹奏楽)
で居残りで練習していたら、それが
「かっこ良かった」らしく、
人生で初めて本命のバレンタイン
チョコを貰う。

そして、初めて女の子と付き合う。

そして、一ヶ月で振られる。

大学2年生のとき、おばあちゃんから
貰ったお年玉を一週間で4回ピ●サロ
に行き、使い切ってしまう。

大学3年生のとき、オナ禁と奇跡的
に出会う。そして人生2回目のクラブ
で女子大生を見事にナンパに成功し、
ホテルにお持ち帰り。初めて自分に
対して、自信がついた。

大学4年生のとき、オナ禁180日を
達成。ストーカー並に自分の写真集
を作ってしまうくらいの女の子が
出来て、さすがに自分でもオナ禁の
効果を信じざるを得なくなる。

某理系大学(応用生物学部)で遺伝子学
を学んだ後、世界中の性典を読み漁り、
自らの経験と重ね合わせ、実験に実験を重ね
23歳のときフェロモン研究所を創設。

最古と最新を融合させる、究めて
新しい形のフェロモンアプローチ
にて、現代に最適なフェロモン
の出し方から、一瞬だけモテる
男ではなく永久に惚れられ続ける
オトコへの進化を提供。

2015年には、実際に香港141
にて房中術の実践デモを行うなど
精力的に活動。

現在、YouTubeや、Twitter、ブログ
Facebook、メルマガ、などにて
数々のデータと経験を元に
無料でフェロモンについての
情報提供を行い、多くの世の男性
の味方として活躍している。

フェロモン研究所教授
Dr.Chin

================
フェロモンを使ってモテる
ようになった話;

================

第一話;

第二話;

第三話;

⇒奇跡の第四話

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Dr.Chin
某理系大学(応用生物学部)で遺伝子学を学んだ後、世界中の性典を読み漁り、 自らの経験と重ね合わせ、実験に実験を重ね23歳のときフェロモン研究所を創設。 最古と最新を融合させる、究めて新しい形のフェロモンアプローチ一瞬だけモテる男ではなく永久に惚れられ続けるオトコへの進化を提供。
 

Copyright© 断射塾《OfficialBlog》 , 2019 All Rights Reserved.