断射式100日オナ禁~9日目~

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Tad
オナ禁専属コーチ「Tad(タッド)」 断射プログラム、MajesticAcademyを通して、LowSow式オナ禁術、モテ術を体得。 現在は、LowSow公認で断射塾、MajesticAcademyをサポート。 オナ禁コミュニテイの運営、オナ禁の輪を広げるために、活動中。

断食の終了とエナジーの復活!

100日チャレンジャーのTadです、

ようやくです。
待ちに待ったゴールの日を迎えました。
オナ禁ではなく、断食です。
5日間、本当に辛かったです。

自分の力がここまで出せなくなるとは思いませんでした。

頭も体も動かなくなりましたし。

でも、無事に終えることができました。

辛かった分、学びや気づきがものすごくありました。

当初の目標通りに、やりきれたことが何よりの喜びです。

もちろんこれで100日オナ禁は終わりではないので引き続き爆進していきます。

では、そんな9日目を振り返っていきましょう。

オナ禁9日目の覚悟と決断

性欲の戦いではなく、食欲の戦いであった断食も終わりを迎える。
ただ、最終日のスケジュールが思いの外えぐい。
頭も体も通常どおり使わなきゃならないが、時間帯によってはそれ以上も。
20人規模の人の前で喋らなきゃならない。
へなへなになったらどうしよう。
そんな不安がよぎり、ちょっとぐらいは食べても・・
なんてココロの弱さが出て来たりもしました。

でもね、
こういう時こそ、欲望を15秒間黙ってみつめてあげる。
そうするとなんてことなくなります。
フラットな状態で、挑戦を始めた時の覚悟と決断を思い出します。

「やるって決めたよね?」
そう、自分に言い聞かせます。

たぶん死なない。
だったらやるしかない。

覚悟と決断をしたら飛び込んでみるだけ。
そうすると案外へっちゃらで終わってしまいます。

まさに本日も。
辛さを感じることもなく突っ走りきりました。

逆に終了間際になってもお腹が減らなくて困りものでした。
そこは空気を読んで、腹ペコでいてほしかったです。

オナ禁9日目のレベルアップ報告

断食を終えたことでだいぶレベルも上がりましたよ。
ちょっとやそっとの欲望じゃへこたれない。
タフなメンタルに磨きがかかりました。
このタフさがないとこの先はやってけないと感じてます。

何より、「やりきった!」という事実。
これが自分の自信に深みを加えてくれました。

できる俺。
必ずやる俺。
セルフイメージがかなりブラッシュアップされました。

ただ
もう今後の人生では断食はやらない。

体的にいいかなって思っていましたが、今回やってみてここまでやる必要はないと改めて感じました。
それよりも食事の大切さを優先する。
一緒に食事をしてくれる人に最大限の経緯と感謝を払う。
そして、笑って食事ができないほど楽しませる。
これが今回断食をやって学んだことでした。
次のステージはもちろん楽しすぎるランチタイム。

一時間のランチ休憩を有意義なものにしていきます。
人と一緒にいる空間をゴキゲンで制圧です。

オナ禁9日目の気づき・学び

今日は周りの人に本当に助けられました。
オナ禁していると忘れがちになってしまうことではあります。
自分だけ悦に入ってエナジーエナジー言っても、結局は人様からパワーをもらってるんです。
もちろん僕も過去は一人で悦に入ってストイックを決め込んでましたが。
もはやそれじゃ、先に進めないことがわかりました。

断食最終日で、ヘナヘナ一歩手前の時に声をかけてくれる仲間に感謝です。
どんなハーブやサプリよりも効きます。
びっくりするぐらい復調しました。
元気ないなってのも忘れて、バカ話したらいつの間にか元気になってます。
本当に感謝しかないですよね。

改めて気づかされました。
人の力というのは偉大です。
伝染していくんですよね。
そして、助けてもらえる。
普段だと全く気づかなくて、ないがしろにしてしまいますが。
みんな他人に助けられてるんです。
知らず知らずにエネルギッシュにしてもらってるんです。

僕も断食して極限状態まで行って、
それでも意固地に一人でストイックにやってたけど、
最後の最後に仲間に助けられた。

特大元気玉を体に注入されました。

自分の性質的に、先天的な性質として、孤独感というのがどうしても必要な人間なんです。
だからこそ、人と群れないで自分を保つことが自分らしくあることだと思ってました。
でも、孤独感を感じるのも人と触れ合うのもバランス。
どちらもバランスをみてやっていくのが自分が一番自分らしいと思いました。

新たな自分の側面がわかって、また明日からが楽しみでなりません。
オナ禁って一日ずつ本当に進化していく自分が楽しめるんですね。
最高ですね。

今回この挑戦をしながら気づいたことがもう一つあります。
一日の終わりに振り返って自分のレベルアップを探す作業。
これをやるとやらないでは、翌日以降が全く違う。
『やりきったー、レベル上がったー、さぁ寝て充電して明日もやるぞー』
こんな状態で振り返って睡眠をとると・・
朝の目覚めが全く違ってきます。
バチっと!目が覚めて、起きた瞬間冒険スタートです。

昔、僕がまだゲームをやりまくってた時期。
ドラクエだとかエフエフだとかやりまくってたんですけど、
ちょうど夜遅くまでレベルアップして武器も防具も揃えた状態で宿に泊まるセーブしたみたいな感覚です。
早く続きがやりたくて、やりたくてしょうがなくなります。

この100日オナ禁っていう冒険をクリアしたくてしょうがなくなります。
もはやリセットなんて皆無な状態にもなれますよ。
そして、
最高の女性に出会えるなんて思ったら、やばいですね。

オナ禁10日目に向けて

サイクル1の折り返し地点である10日目を迎えようとしてます。
最大の挑戦である断食も終わり、さらに未来が明確に見えて来ました。
だからこそ
目の前のToDoをしっかりとこなしていかなければなりません。
断食をやっている時に一時停止していたものを再開していかないとですね。

四股踏みやスクワット、瞑想に真言。
エネルギーが溢れている状態になりますので、かなりエネルギッシュにできそうです。
また10日目からレベルが上がっていくのは楽しみ。
マジェスティックの音声聞いたりして、さらにレベルアップできる仕組みを作ってみようとも思います。

明日以降新たにやってみたいことがあります。
それは何かと言いますと
失敗談で笑わせろ!です。(女性に対して)

最近、女性と会話することが多いし、ランチタイムはだいたい女性と食べているんです。
なんとなく食べてることが多かったんですが、食事の概念が変わってしまったので、一緒に食べてくれる人に最大限の感謝を笑いに変えてお返しします。
自分の話もできるだけ日々の失敗談であったり、やっちまった話で笑いを提供です。
男は特に女性の前だとカッコつけて、やっちまった話しないので、僕はあえてそんな話をぶっ込んでいこうと思います。
といっても、普段から結構失敗談をしてるからなんてことはないかもですが。

あー、、今日もオナ禁日和です。
猛暑と過度の空調に負けずに、磨いていきますよー!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Tad
オナ禁専属コーチ「Tad(タッド)」 断射プログラム、MajesticAcademyを通して、LowSow式オナ禁術、モテ術を体得。 現在は、LowSow公認で断射塾、MajesticAcademyをサポート。 オナ禁コミュニテイの運営、オナ禁の輪を広げるために、活動中。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 断射塾《OfficialBlog》 , 2019 All Rights Reserved.